スポンサードサーチ

金運を呼ぶラッキーカラー

金運とラッキカラーには大きな関わりがあります。
色彩は気運を自然と変えることで知られていますが、個人によって色の好みというのがあり、
自分の好きな色がラッキカラーと同等と言えるので、好きな色のものを求めていると自然と金運も高めてくれます。
例えば人が異性に惹かれたり、同性に憧れたりする場合に何を基準としているかというと、
自分と違う魅力を持った人と、自分と共通の部分を持った人、できればその両方を持った人に強く惹かれます。
色も同じ様に、自分が憧れており、自分にないものなどを自然と求めるので、好きな色がラッキカラーとなるのだとされています。
自分にないもの、憧れているものや自分が好きなものが入っている色のものを持っていると、
自分の中に足りないという感覚が日常的に少しずつ刺激され、
適度に働き者になってお金が貯まるという深層心理理論も少し入っているようです。
風水でも、そのような理論や、その他人間共通の感覚などを計算して色々な色の風水用品などが作られていますが、
最終的に何色の風水を使用するかは、自分が好きな色を加味して選んだ方が良いと言えるでしょう。
ただし、赤色に関して、金運を上げるために赤の財布を持つことだけは風水でよくないとされています。
これは赤色が情熱を刺激するためで、
財布に赤色を持っていると情熱的にお金を使ってしまうというあまりお金がたまらないパターンになってしまうからだそうです。
その他の色にも色々と条件があるようなので、
条件と自分のラッキカラーを合わせて色々と用品の色を決めると、うまく自分の気運が高まり、金運が上がると言えるでしょう。